〜地方競馬血統研究所〜川崎競馬場編

2017年5月27日(土)フジテレビONEで、コヤブガチ馬写真館〜地方競馬血統研究所〜が放送されていました。

 

放送の中で川崎競馬の攻略法について解説されていました。

 

川崎競馬場の特徴

 

川崎競馬場は、砂の競馬場で直線が長いが中央に比べると半分くらいの長さ。中央競馬は、芝で行われ直線が長い、芝とダートは真逆の能力の方向性が要求され、直線が長いのと短いのとでは逆の能力が要求される。川崎のダートで強い血統と中央の芝で強い血統は全然違う。

 

中央ではディープインパクトの種馬がものすごい強くて有名だが、川崎競馬場ではパイロ、サウスヴィグラス、これだけ買い続ければ勝てる。

 

川崎に強い種牡馬を1頭でも覚えれば馬券は勝てる。

 

ウインクリューガー

 

NHKマイルCを勝った短い距離が得意な血統。ウインクリューガーのお父さんのヘイロー系は、サンデーサイレンスもヘイロー系なのですが、サンデーサイレンスよりも川崎など距離の短い小回りの適性が高い。

 

中央でも結構名前の聞く種牡馬は

 

ディープインパクト、キングカメハメハ、タイキシャトル、マーベラスサンデー、ナカヤマフェスタ、ハーツクライ・・・

 

川崎の地方競馬は、中央で走らなかった馬が入ってくる。中央で走らなかった芝の中距離得意な血統の馬より、川崎を勝つために生まれてきた血統の馬の方が走る。

 

キングカメハメハは芝の2400mで強かった馬、川崎では別に強くない。

 

サウスヴィグラス

 

サウスヴィグラスはダートの短距離のチャンピオン種牡馬。中央でも短距離なら断トツの1位、地方でも1位。桜花賞(浦和)でもサウスヴィグラスの産駒が1着2着だった。サウスヴィグラスの産駒を南関のダート短距離で買い続けてもプラスになる。

 

凡走続きの馬を買ったほうが逆にいい

 

14着、10着、11着、7着、7着・・・
サウスヴィグラス産駒は凡走凡走続きの馬を買ったほうが逆にいい。気が乗ったらバーンと走ることがあり、気が乗らなかったら全く走らない特徴があり、ボロ負けしたサウスヴィグラス産駒を買う方が儲かる。

 

 

ウインクリューガーとタイキシャトル

 

ウインクリューガーとタイキシャトルは親子だが、両方サンデーサイレンスの血を持っていない。川崎で強いのは、ヘイローの血を持つタイキシャトル。サンデーを経由しないヘイローの血の方が、サンデーより川崎では強い。

 

川崎競馬場では、ディープインパクト産駒よりもタイキシャトルやサウスヴィグラスと覚えておけば馬券は勝てる。

  


アドセンス AdMax

 
トップページ infotopで好評の競馬商品 無料メルマガ 競馬運用利殖ソフト比較