京都2歳S 異常値を示していたブレイキングドーンが2着

 

日刊コンピ指数と単勝オッズをチェックし、
異常値を示した馬を狙う馬券術。

 

日刊コンピ 異常値の法則

 

 

2018年11月24日に行われたラジオNIKKEI杯京都2歳S。

 

直前の単勝オッズを見ると

 

1番人気 1番 2.8倍 クラージュゲリエ
2番人気 2番 3.4倍 ワールドプレミアム
3番人気 8番 3.9倍 ミッキーブラック
4番人気 6番 5.3倍 ブレイキングドーン

 

 

4強オッズとなっていました。

 

ただコンピ指数順位を見ると

 

コンピ1位 1番
コンピ2位 6番
コンピ3位 8番
コンピ4位 2番

 

 

 

コンピで2位評価されているブレイキングドーンですが、単勝オッズでは4番人気と異常値を示していました。
4強の中では評価されていないため、ちょっとおいしいオッズになっていました。

 

 

結果、ブレイキングドーンは2着になり
複勝140円の配当となっています。

 

配当は物足りないですが、4強オッズで軸をどれにしたらいいか悩む時などオッズとコンピで乖離があれば、軸馬1頭に絞る時の参考にもできそうです。

 

 

「日刊コンピ 異常値の法則」は、単純にコンピ順位を単勝人気が下回っている馬を狙えばいいのではなく、ある条件に該当した馬がコンピ順位と単勝人気順でズレが生じているかをチェックします。狙い方等の詳細についてはマニュアルに記載されています。

 

 

詳細はココ⇒日刊コンピ 異常値の法則

  



 
トップページ infotopで好評の競馬商品 無料メルマガ 競馬運用利殖ソフト比較