「18番」

グリーンチャンネル「先週の結果分析 #376 (22:00〜23:00)」
で、「18」という数字にちなんだデータを紹介していました。

 

18は先日の皐月賞を勝利したディーマジェスティの馬番です。

 

小回りの中山競馬場でフルゲートの大外18番は、
距離ロスを考えると一般的には不利にもかかわらず1着となりました。

 

 

クラシックに限り、18番で1着となった馬を振り返ると
2006年菊花賞のソングオブウインドまで遡るそうです。

 

さらに、皐月賞を18番で勝った馬を遡ると
91年トウカイテイオー、97年サニーブライアンだけになります。

 

 

実はこの2頭には共通点があり、

 

  • トウカイテイオー

 皐月賞1着 ⇒ 日本ダービー1着

 

  • サニーブライアン

 皐月賞1着 ⇒ 日本ダービー1着

 

 

18番で皐月賞を勝つと日本ダービーも勝っているのです!
つまり、

 

  • ディーマジェスティ

 皐月賞1着 ⇒ 日本ダービー1着?

 

 

ダービーも期待してしまいますが、解説者として出演していた市丸さんは今回のような競馬ではダービーは厳しいのでは?だそうです。

 

 

 

皐月賞への直結レースは共同通信杯

 

近5年で共同通信杯で連対した馬が皐月賞でも好結果を残しています。

 

  • 2012年 共同通信杯

 1着ゴールドシップ  ⇒ 皐月賞1着
 2着ディープブリランテ ⇒ 皐月賞3着

 

  • 2013年 共同通信杯

 1着メイケイペガスター ⇒ 皐月賞9着
 2着ゴットフリート ⇒ 出走せず

 

  • 2014年 共同通信杯

 1着イスラボニータ ⇒ 皐月賞1着
 2着ベルキャニオン ⇒ 皐月賞7着

 

  • 2015年 共同通信杯

 1着リアルスティール ⇒ 皐月賞2着
 2着ドゥラメンテ ⇒ 皐月賞1着

 

  • 2016年 共同通信杯

 1着ディーマジェスティ ⇒ 皐月賞1着
 2着イモータル ⇒ 出走せず

 

 

近年では共同通信杯を使うことが、皐月賞で好走する黄金ローテのようです。

 

  



 
トップページ infotopで好評の競馬商品 無料メルマガ 競馬運用利殖ソフト比較