連日同じことが起こる 外国人騎手の取捨ポイント

2/12 京都記念を勝ったのは、
デムーロ騎手騎乗のサトノクラウンでした。

 

ここで注意しなければならないのは、
メインの勝った外国人騎手が最終レースも騎乗する場合です。

 

 

実は2/11クイーンカップを勝ったルメール騎手は、
最終レースも単勝1倍台の圧倒的1番人気の馬に騎乗し馬券圏外に飛ばしています。

 

そして、2/12の最終レースでデムーロ騎手の騎乗馬は1番人気です。
結果は、7着に負けてしまいました。

 

連日、重賞レースを勝利した外国人騎手が共にその後の最終レースで1番人気となり、馬券圏外に飛ばしてしまっています。

 

どうも外国人騎手は、重賞レースで勝利し大金を獲得すると、そのあとのレースは手を抜いているのかは分かりませんが、人気馬をよく飛ばしている傾向にあります。

 

馬券術政治騎手名鑑2017 ナナコ新党が競馬界を救う

新品価格
¥1,860から
(2017/2/11 17:17時点)

 

 

  


アドセンス AdMax

 
トップページ infotopで好評の競馬商品 レジまぐ高回収率予想 競馬運用利殖ソフト比較