ルメール騎手、単勝1.6倍を飛ばす 2月11日東京12R

2017年2月11日(祝) ルメール騎手の騎乗成績です。

 

東京1R 2番人気 9着
東京2R 4番人気 7着
東京3R 3番人気 5着
東京4R 1番人気 8着
東京5R 3番人気 5着
東京6R 2番人気 11着
東京9R 2番人気 1着
東京10R 2番人気 4着
東京11R 1番人気 1着
東京12R 1番人気 8着

 

 

もう販売終了してしまいましたが、「灯文社 外国人騎手ヒット馬券術」に書かれていた通り、外国人騎手は賞金のいいレースで張り切る。今日はそんな感じでした。午前中の賞金の低いレースは、人気馬に乗りながら馬券圏外を繰り返していましたが、東京9Rでやっと1着、そしてクイーンカップはきっちりと勝つく。賞金を獲得したことで、この日のノルマは達成したのか分かりませんが、東京12は1番人気1.6倍の馬に騎乗していながら馬券圏外に飛ばす。本当に、メインで賞金を獲得したことで最終は手を抜いたのかと言われれば、あくまで妄想にすぎませんが、外国人騎手はこういった傾向が見られます。

 

 

一方、ムーア騎手は

 

東京6R 3番人気 10着
東京7R 1番人気 4着
東京10R 1番人気 5着
東京12R 2番人気 1着

 

 

東京10R銀蹄ステークスが、ムーア騎手がこの日騎乗するレースで1番賞金の高いレースでしたが、5着。残るは最終レースのみ。短期免許で来ている外国人騎手は、何としても賞金を稼がなくてはなりませんから、ここぞという時に頑張ります。

 

しかし、ムーア騎手騎乗のゴールデンバローズは単勝2番人気ですが、6ヶ月休養明けと馬体重が+26キロ。そのため人気がルメール騎手騎乗のアルーアキャロルに集中してしまうのは分かります。

 

4コーナーでは、アル―アキャロルの手ごたえがよく、ムーア騎手のゴールデンバローズは手応えが悪く見えたのですが、結果はゴールデンバローズが1着。

 

1番人気が飛んだので、ゴールデンバローズの複勝は500円も付きました。
これはオイシイ配当です。

 

その日の騎乗成績の流れを見れば、外国人騎手の狙いどころが分かるかもしれません。

 

馬券術政治騎手名鑑2017 ナナコ新党が競馬界を救う

新品価格
¥1,860から
(2017/2/11 17:17時点)

 

 

 

  


アドセンス AdMax

 
トップページ infotopで好評の競馬商品 レジまぐ高回収率予想 競馬運用利殖ソフト比較